シャープのアクオス LC-32D30 リモコンが壊れたら

家のテレビは10以上前の「世界の亀山モデル」というシールが貼られたアクオスです。

自分で「世界の亀山」と言っているのもどうかなあ、と思っていたシャープさんがあんなことになってしまい、外資の力を得てみるみるV字回復されている今日この頃、我が家のアクオスはまだまだ現役です。

しかし、リモコンがついにきかなくなり、先日ついにご臨終。代替のリモコンを探していたのですが、そのリモコン探しが結構難儀したので、ここに書き留めておきます。

まず、リモコンが壊れたことから、代替リモコンとして白羽の矢が立ったのが、以下のリモコンです。

OHM シャープ アクオス用 TVリモコン AV-R320N-SH

本製品は2013年11月までに発売されたテレビで検証していますが一部のテレビでは使用できない」という文言を信じで購入。うちのアクオスは間違いなく、2013年以前の製品でしたが、いざ届いてみると使用できず。。。

まったく認識されませんでした。

これはうちのテレビの問題なのか、設定が悪かったのか、理由はわかりませんが、とにかく返品。(もしかしたら、このリモコンのせいではなかったのかもしれない、という理由については後述します)

続いてはちょっと高かったのですが、やはり純正をということで、以下のモデルを注文。

こちらも最初電池を入れただけではやはり認識されず、

動きませんでしたが、

電池わきのスイッチでリモコン番号の設定番号を

「2」にしたところ、ばっちり操作ができました。

リモコン番号はTVとリモコンを紐づけるもので、一つの部屋に二台テレビがあったりする場合に、リモコンとテレビの対応関係を整理するものと考えられます。

ただし、これはシャープのTVのリモコン番号がすべて2だということを意味しているわけではありません。リモコンの操作で変更ができるので、子どもが遊んでいたりして変わってしまっている可能性があります。もしかしたら、最初の簡易リモコンでもそのせいで認識されなかった可能性がありますが、それは検証できませんでした。

AQUOS リモコン番号切り換え 操作手順│液晶テレビ(AQUOS)│サポート・お問い合わせ:シャープ

マットブラックとシルバーで高級感があり、使っていて気持ちの良いリモコンです。前のものが結構汚れていたので、なんだかテレビそのものを買い替えたような新鮮な気持ちになりました。

3,000ちょっとでとてもいい買い物でしたが、

リモコン番号には注意ですね。

買っても認識されない、という場合はいくつか試してみるといいと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク