COOLPIX W300 を海の中で使ってみました。

ニコンのCOOLPIX W300 を海の中で使ってきました。

以前、こちらの記事で紹介したとおり、強い防水性能をもった、W300は海の中でもカメラケースなしでも使用できます。

COOLPIX W300がファミリー向けにおススメな3つの理由
COOLPIX W300 を購入しました。今回は、な...

ハウジングなしで水深30mまで対応可能な本格的な防水仕様に加え、耐衝撃性能が2.4mまで向上。また、高い耐寒・防じん性能も確保しています。雨の中での記念写真も気軽に撮影可能。暗い場所で、手元を照らせるLEDライトも新たに搭載しています。(ニコン製品紹介より)

COOLPIX W300-製品特長 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング
ニコンのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX W300」の製品ページ。タフさが進化、一年中使いたい本格モデルカメラ、レンズ、アクセサリーなどの製品特長、主な仕様、撮影サンプル、関連製品に関する情報も。

今回、旅行先の海で、はじめてこちらのカメラを水中で使ってみました。

それが冒頭の1枚。水深はそれほどでもありませんが、片手でもった状態でサンゴ礁と魚をパチリ。非常にクリアに写すことができました。

ハンドストラップを手首に通して、シュノーケリングをしながらの撮影でしたが、ライフジャケットも着ていたので万が一落としてしまうと、潜って拾うこともできない、という結構どきどきの撮影でした。

できれば、手首のところで絞り込めるタイプやネックストラップ型、あとはそれ自体で浮き上がってくれるフローティングストラップなどがあったほうがいいかもしれません。

ただ、シュノーケリングだと、首を被写体の方に向けて自由に動かす、といったことができないので、液晶を覗かず、アタリでシャッターをきる感じでした。

スキューバダイビングや素潜りなどだと、もっと撮影の自由度も高くなると感じました。

ちなみに、素潜りで写真をとってくれたインストラクターの方も同じW300の色違いをつかっていたので、こちらの写真もあげておきます。

非常にクリアですね。

素潜りやシュノーケリング、スキューバなどで写真を撮る方にはお勧めのカメラです。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク