GANZOシンブライドルと土屋鞄のブライドルレザー比較

GANZOシンブライドルシステム手帳と土屋鞄製造所のブライドルレザーの長財布を取り比べてみました。左側が土屋鞄で色はブラウン。右がGANZOのシンブライドルで色はブラックです。GANZOの方は、まだ入手して1年なっていません。10カ月になるかならないかくらい。

一方の土屋鞄は、2012年の冬に入手しているので、5年目になります。写真では光源の関係で、どちらもひかって見えていますが、GANZOがまだまだマットな質感なのに対して、土屋鞄の長財布はかなり艶がでて、もった感じも手のひらにぴたりと吸い付くようです。やはり5年近く毎日触っているとかなりツヤがでてくるものですね。

GANZOのシンブライドルもこれから、同じようなツヤが出てくることを期待したいところです。ただ、土屋鞄の方は、購入2カ月ほどで結構ツヤが出ていたという記録が残っていました。一方のGANZOは、まだブルームが取れ切っていないようで、なんど磨いても裏表紙の部分にはいまだに白いぶつぶつがでてきています。使い方や使っている年月も違うとはいえ、初期のなじみ方にも差があったので、ひとくちにブライドルレザーといってもいろいろあるのだなと思った次第。

蝋成分の分量の違いなのか、何なのか。

どちらがどう、ということはありませんが、やはりいろいろ使ってみないとモノの違いはわからない、ということですね。モノをだんだんと減らしてきていますが、一度増やして、いろいろなものに触れたうえでの絞り込みのほうが、最初から一択よりも、選択の精度が高まり、満足度が高い。なんて浪費家の自己弁護かもしれませんけれども。

GANZOシンブライドルシステム手帳A5の使い方(1)スケジュール管理編
こんにちは。ノートジプシーとして様々なノートを使ってはなげ、使ってはなげしてきた私ですが、実は手帳ジプシーでもありました。始めて手帳というものに手を出したのは、大学3年生。就...

GANZOシンブライドルシステム手帳A5の使い方(2)生活改善編
さて、今回はいま使っているGANZOシステム手帳A5をもとに、システム手帳の使い方として、「生活を向上させるための機能」についてまとめてみましょう。なんとも意識高い系でうすら...

GANZO_シンブライドルシステム手帳A5の今後の改善ポイント
購入当初はこんな感じでブルームが浮き出ていたGANZOシンブライドルシステム手帳ですが、現在は、すっかりなじんでマットな風合いに。 購入からちょうど1年...

GANZO シンブライドルシステム手帳 ほぼ1周年
ガンゾシンブライドルシステム手帳を使い始めてからほぼ1年が経過しました。下の写真が購入当初の写真。ブルームが残っていて独特の雰囲気があります。 一方で、上が1年たった状...

GANZO シンブライドルシステム手帳A5 購入の決め手
GANZOのシンブライドルレザーA5システム手帳の魅力は何度も書いている通り、このiPadmini専用カバー(画面右)にある、と言っても過言ではありません。 ...
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク