工房楔 万年筆ケース コンプロット10と暮らす

工房楔さんの万年筆ケース コンプロット10はこのサイトでも何度も紹介していますが、その杢目は見飽きるということがありません。

木がもつ天功の暖かさという表現は、開高健先生がブライヤーの杢目を評して使った言葉ですが、この紅白花梨の杢目も、その言葉がぴたりときます。

白い部分が炎のように、赤い部分を鮮やかに引き立てます。

中に入っている万年筆はすべてブライヤー。開高先生のウィークリーパイプになぞらえて、いま7本が手元に残っています。(いろいろな事情があって、ここまで数を減らしましたが、7本は、開高ファンとしては死守です)

気が向いたときに取り出して、箱から出して、触って、手のひらと目で楽しんで、またしまう。無駄なものといえば、それまでですが、いろいろなことをひととき忘れさせ、自分に元気をくれるものは、自分にとってはかけがえのないモノです。

モノがくれる力を上手に生かして、毎日を気分よく過ごせるように、すこしずつ生活を整えていく。シンプルライフというのは、そういうものではないかと思います。

工房楔 | シンプルライフログ
「工房楔」の記事一覧です。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク