イラスト反省会議1月10日投稿分

こちらのイラストは前回の反省点である、毛束を細かくすることと、目のバランス、手を加えることを念頭に作成しました。背景は来週以降に持ち越しましたのでそれは別途。今回も反省点はたくさんあります。

反省点。色ラフを作ってからやろう

今回は二次創作ではなくオリジナル。ポーズとしては似たような構図ばかり書いている気もするのでその点ははやくも課題です。配色を最初に決めていなかったので、あとから濃紺だった髪を淡く戻したり、赤い瞳だったものをグリーンにしたりと試行錯誤で結構無駄な時間を使ってしまいました。

今後は描く前に色使いなどは色ラフを何枚かつくって決め切ってから塗ったほうがいいですね。

反省点、やっぱりペン入れをgペンでやろう

あとは、今回ペン入れを、噂の魔王鉛筆で行ってみたのですが、現状では使いこなすことができませんでした。やはりリアル鉛筆で形をとってからgペンという流れがよさそうです。毛束を補足するのに腐心するあまり、毛先などの処理が甘く雑になってしまった点は反省点です。

反省点、目はラフよりも色を塗ると大きく見えるようになりがち

あとは目のバランスがどうしても崩れてしまう点と輪郭が自然にならない点が反省点です。ラフの時はそれなりにうまく見えていた目の輪郭ですが、白目の部分にも着色して、肌色も載せていくとどうしても目が大きく見えて、悪く言えば零れ落ちてきそうにみえてしまう点が改善点です。

ラフの段階でなるべく眼球だけでなく周りも色を乗せて色ラフで検討した方がよいですね。そのあとペンを入れればあとあと、仕上げの時に上から肌色を乗せて目の大きさを修正する、といったことはしなくてもよかったはずです。

また下の瞼の位置も、あたりをとって左右の下弦をそろえるなどした方がバランスがよかったと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク