なぜ、いきなりイラストを描き始めたのか

イラストを描くことは昔から好きだったのですが、描いてはいませんでした。

絵を描くことが好きなのに、描いてはいない、というとちょっと不思議に聞こえるかもしれませんが、絵描き界隈には結構多いのではないかと思います。

正確には昔は好きだったし、今も見るのは好きでも、自分が描くと、がっかりしてしまってすぐにやめてしまう、という人は意外と多いのではないでしょうか。

私もそんなイラストが好きでも自分では描けないとあきらめていた一人でした。

でも、昨年、緊急事態宣言なども発令され、先行きが見えないなかで、持ち物の整理をはじめるなかで、自分にとって大事なもの、本当に好きなものは何か、ということを考えるようになりました。

もちろん、こだわりのある物を持つことは今でも大事ですし、それを手入れしたり、使い込むなかで得られる経験というものに価値があるという思いはまだ変わっていません。

少し整理しましたが、それでもまだ大切に手元に残しているものがたくさんあります。しかし。それらはある意味で充足してしまい、これ以上集めたり増やしたり、というモチベーションはあまり沸いてきませんでした。

そんなときに、ふと、絵を描いてみようかな、という気になったのです。

下手でも全然かまわない。むしろ別にいまから神絵師になるとか、イラストレータになりたいというのでもない、ただ、自分が楽しかったり、自分ができることを増やしたりすることに、時間をつかってもいいのではないかと思ったのです。

描いた絵はそれはもうやばいくらい下手なものでしたが、さらにそれおTwitterに投稿してみました。

もちろん反応は皆無。

それでも、自分で描いたイラストを投稿したことでなんだか今までになかった充足感というか楽しさを感じることができました。

別に神絵師になるとか、これで食べていく、という大仰な覚悟や目標がなくても、別に自分さえ楽しめれば、絵を描いてもいいのではないか、そしてTwitterのようなインスタントな場所に投稿して、「いいね」の一つももらえればそれだけで十分なんじゃないか、そう思えたのです。

いま、定期的にイラストを描いて投稿していますが、上を見ればきりはなくため息がでるばかりですが、毎日自分にできることが少しずつ広がっていく感覚はとても楽しく、成長を楽しむことができています。イラストばかり描いていたので、こちらのブログを放置してしまいましたが、絵を描くことで気が付いたこと、反省点、イラストを描くうえで便利なガジェットのご紹介など、またこちらのブログにも書くことができればと思っております。

このブログの読者の方は少し戸惑われるかもしれませんが、もしよろしければ引き続きお付き合いいただければと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク